ソファ・クッション・ラグ・壁紙が自然に調和!6つの配色とインテリア例

ソファ・クッション・ラグ・壁紙が自然に調和!6つの配色とインテリア例

「大好きな赤のソファをリビング用に買った。」
「インテリアショップで一目惚れした紫のオリエンタルラグをリビング用に買った。」
「ビビッドな色のクッションをソファの上に置いて海外のようなカラフルなインテリアを作りたい。」

など、家の中で中心的存在のリビングは、有彩色を使いやすく自分色にコーディネートするのに適した場所です。

また、様々なインテリア例を見て「無難色で地味なリビングから脱出したい!」と考えていらっしゃる方も多いでしょう。



でも、いざコーディネートすると「ラグとソファの色をどう組み合わせる?」「ラグとソファはマッチしたけど、クッションの色がわからない。」など、色同士の相性に頭を悩ませてしまうことも。

色は、2、3、4色と増えれば増えるほど、相性が複雑になり、組み合わせに失敗すると、ごちゃとした印象やキツイ印象を生み出してしまいます。

リビングに目立つ有彩色を2色以上使う時に使える配色の基本を紹介しますので、ソファ・クッション・ラグ・カーテン・壁紙のカラーコーディネートの参考にしてみて下さい。

ベースカラー・メインカラー・アクセントカラーの基本

配色の基本=「7:2.5:0.5」

インテリアの配色は「7:2.5:0.5」が基本です。

ベースカラー  床・壁・天井等で大半が茶系とホワイト系 70%
メインカラー  家具・ソファ・ラグ・カーテン等でベースカラーの次に広い面積を取る。主役色は大きめの面積に取り入れる。 25%
アクセントカラー  ランプシェード・クッション・インテリア雑貨・ディスプレイ等。挿し色。 5%

インテリア配色の基本

ナチュラルな配色
【ベースカラー】茶色・ホワイト【メインカラー】明るい茶色・ベージュ

上記のようなナチュラルカラーでまとめたインテリアも5%のアクセントカラーを加えるとメリハリが生まれ、おしゃれな印象になります。
ナチュラルカラーに黄色のアクセントカラーをプラスしたリビング
【ベースカラー】茶色・ホワイト【メインカラー】明るい茶色・ベージュ【アクセントカラー】黄色

ほと昔前までは、私達がインテリアを触ると言っても「メインカラー」と「アクセントカラー」の2箇所の配色を考える程度でしたが、今は、インターネットが普及し、「ベースカラー」である床材(フローリングの上から貼ることができるタイルカーペット)・壁材(主にクロス)・ドア(塗装材)の色も変えることが出来る時代です。

また、インテリアに関する情報やコーディネートをスマホで手軽に見ることができる現代では、配色の基本「7:2.5:0.5」の3色構成だけでなく、4、5、6色と色を足したセンスのあるコーディネートを目にすることも多くなりました。

4~6色の配色はどのようにバランスを取れば、ごちゃっと見えないおしゃれなインテリアが作れるのでしょうか?



色を追加したい時

4色以上の配色の考え方は

  • 1.ベースカラー70%の中にもう1色
  • 2.メインカラー25%の中にもう1色

といった具合に「ベースカラー」「メインカラー」「アクセントカラー」の割合はそのままにして色を増やしていきます。
インテリア配色の基本
ベースカラーを増やす
メインカラーを増やす

「ベースカラーを増やす」は、壁紙クロス(またはアクセントクロス)の色。
「メインカラーを増やす」は、カーテン・ソファ・ラグの色を統一せずにバラバラにする。

調和がとれる6つの配色パターン

「4色以上の色のバランスの取り方はわかったけれど、いざインテリアに色を組み合わせていくとなると、何色と何色を選んだら良いかわからない。」という方がほとんどだと思います。

配色には、難しく考えなくても調和が取れる6つの色の組み合わせが存在します。

特に、布地を多く使うリビングでは、この調和の法則を知っておくと、カーテン・ソファ・ラグ・クッションをまとまりよくコーディネートすることができるので、覚えておいて損はないです。
基本の12色

①アナロガス配色

アナロガス配色

アナロガス配色は色相環上で隣同士にある色3つを組み合わせるコーディネートです。類似配色。

似ている要素を持つ色同士なので調和が取れるのが特徴ですが、赤を中心に3色(オレンジ・赤みのオレンジ・赤)、青を中心に3色(青紫・紫・青緑)にすると単調な印象になりがちなので、緑・紫の中性色を含めた3色を選ぶようにしましょう。

Photo by Christen InteriorsLook for living room pictures

配色①

紫のアクセントクロスのリビングに、赤・オレンジ・黄味がかったオレンジの3色のユニット型のフロアソファと茶色のラグをコーディネート。

Photo by The Room CompanySearch living room design ideas

ソファとカーテンを紫、ラグを赤い縁取りの赤紫でコーディネート。

Photo by Crown PaintsMore living room ideas

配色③

薄い黄色のアクセントクロスのリビングに、黄色のソファを置き、緑のラグ、緑のコーヒーテーブルを置き、黄緑のパターン柄のブランケットとインテリア雑貨をコーディネート。

②コンプリメンタリー配色

コンプリメンタリー配色

コンプリメンタリー配色は、補色(対角線上にある2色)を組み合わせるコーディネートです。

好きな色(A)を1色選び、対極にある色(B)を足します。AとBを同じ割合にせず、ソファとクッションのように面積に大小を作るのが、おしゃれに見せるポイントです。

Photo by Twelve ChairsSearch living room pictures

配色④

白っぽい赤橙のソファと白っぽい青緑×白っぽい赤橙のラグをコーディネート。

ソファの後ろの壁にも、ラグと同色の絵を6枚ディスプレイ。暖色と寒色の両方を取り入れてバランスを取り、薄い色を使って広々としたリビングを演出。

Photo by VINTAGENCYDiscover living room design ideas

配色⑤

水色のラウンジソファと赤のラウンジソファを対面にコーディネート。

ソファやラグは無彩色(ホワイト・明るいグレー)でまとめ、映える色でメリハリを演出。

Photo by Eisenmann ArchitectureBrowse living room photos

配色⑥

黄色のソファに紫のクッションをコーディネート。

紫が個性的でおしゃれなインテリアを演出。

③トライアド配色

トライアド配色

トライアド配色は色相環上で正三角形の位置にある色3つを組み合わせるコーディネートです。(3つ飛ばし)

必然的に「暖色・寒色・中性色」の色が入るバランスの良い配色です。

Photo by Mackenzie Collier InteriorsMore living room photos

配色⑦

灰みがかった薄いグリーンの壁のリビングに、茶色(オレンジ系)のレザーソファと青のベンチ、青のラウンジチェアをコーディネート。

Photo by Nest ModernDiscover living room design inspiration

配色⑧

水色のソファ、オレンジ色のコーヒーテーブル、黄緑のラウンジチェアをコーディネート。

Photo by khanscheDiscover family room design inspiration

配色⑨

黄緑のアクセントクロスと青紫のアクセントクロスを貼ったリビングダイニングに、赤のダイニングチェアをコーディネート。



④スプリット・コンプリメンタリー配色

スプリット・コンプリメンタリー配色

スプリット・コンプリメンタリー配色は、メインカラー1色とその対角線上にある色(補色)の両隣の2色を組み合わせて二等辺三角形にするコーディネートです。

「寒色1色+暖色2色」「暖色1色+寒色2色」にするかで、温もりが違って見えます。

Photo by Design-ODMore living room ideas

配色⑩

青紫のソファ、茶色(オレンジ)のラウンジチェア、水色のフロアランプをコーディネートした寒色の面積が多いリビング。

Photo by Michelle Williams PhotographySearch living room pictures

配色⑪

赤の2人掛けソファ、緑のラウンジソファ、黄緑のクッション、青のクッションをコーディネートした、寒色をアクセントカラーにしたリビング。

Photo by Christen Ales Interior DesignSearch living room pictures

配色⑫

茶色(オレンジ系)のレザーソファ、青と緑のパターン柄のクッションをコーディネートした、寒色の面積が極小のリビング。

⑤テトラード配色

テトラード配色

テトラード配色は、4つの色が長方形になるコーディネートです。

類似色3色のうち両端の2色を選び、それぞれの対極にある色をプラスします。

Photo by Eileen Kathryn Boyd InteriorsMore living room photos

配色⑬

グレーのソファに紫と黄緑のクッションをコーディネート。

後ろの壁には黄緑の類似色のオレンジの絵をディスプレイ。複雑な色使いに見えますが、法則にのっとったまとまりのある配色です。

Photo by hoo Interior Design & StylingMore living room photos

配色⑭

緑の壁のリビングに、明るい青緑のソファ、黄色のクッション、黄緑のクッション、緑のクッションをコーディネート。

壁面には、緑の補色の赤(ピンク)のアートをプラス。大きな面積の緑に、小さな面積のピンクを使ったバランスが素敵なインテリア。

Photo by Look for living room pictures

配色⑮

薄い青のソファと暗い青緑のラウンジチェアを置き、赤紫×青のパターン柄のラグと赤のランジソファをコーディネート。

微妙に違う色をラグを中心に三角形に配色したセンスのあるインテリア。

⑥スクエア配色

スクエア配色

スクエア配色は、4つの色が同じ距離にあるバランスの取れたコーディネートです。

全色を同じ面積にせず、メインカラーとアクセントカラーのバランスを取るのがポイントです。

Photo by k. brant interiorsSearch living room pictures

配色⑯

水色の壁のリビングに、赤橙のソファ、青のオットマン、黄色のパーソナルソファをコーディネート。

ラグを黄緑系のパターン柄にして4色をバランス良く配分。腰壁を茶色にすることで、リラックスできる雰囲気をアップ。

Photo by Inspire QBrowse living room photos

配色⑰

青緑の壁のリビングに、青のソファをコーディネート。

黄色のサイドテーブル、赤橙のパターン柄のクッションをプラス。観葉植物で緑を足して、スクエア配色を実現。







いかがでしたか?

ここで紹介した配色の基本は、インテリアだけでなく、色を使ったデザイン全てに応用できるものです。

身の回りに雑誌や本、ブルーレイのパッケージなどがある方は、使ってある色を今回紹介した配色パターンと照らし合わせて見てください。

また、ファッションでも応用できる組み合わせなので、トップスとボトムス、バッグや靴などのカラーコーディネートに迷った時も参考にしてみて下さいね。

カラーコーディネートカテゴリの最新記事